介護伝送ソフトを用いて介護配給を請求しよう

介護伝送ソフトとは

介護伝送ソフトと聞いてピント来る方は少ないでしょう。
そもそも介護伝送ソフトとは介護事業者が利用するソフトのことで、一般の方にはあまり関係ないものになります。
しかしながら高齢化社会を突っ走っている日本では高齢者の介護問題をないがしろにする事はできず、介護に関する環境整備は非常に大切になります。
介護伝送ソフトとは国民健康保険中央会が開発販売している請求ソフトの1種で、介護事業者を対象に販売しています。
この介護伝送ソフトでは、介護事業者が行う介護サービスに伴う対価となる介護配給を請求することが出来ます。
これまでは介護配給の請求は面倒で、請求すること自体もハードルがあったのに対し、介護伝送ソフトを利用するとインターネット上から請求することが出来ます。

介護配給の請求のことを国保連伝送といい、この国保連伝送は原則磁気媒体などを利用した形でしか請求できないです。
しかしながら介護伝送ソフトを利用すると例えば介護事業者は、事業所にいながらしてパソコンを利用して請求することが出来ます。
独自のシステムを利用しているため専用パッケージソフトをインストールして利用します。
ソフトを利用することで簡単に請求することができ、また手間もいらず情報漏洩の可能性も下げることが出来ます。
導入するには数万円程度の初期費用が必要で、パソコンを利用していることが前提になります。
またインタネット接続ができる環境も自ずと必要になります。

Copyright ©2015 介護伝送ソフトを用いて介護配給を請求しよう All Rights Reserved.